芸能ニュース

長澤まさみ“おっぱい発言”の波紋

「いつか私が赤ちゃんを産んだら……まずはおっぱい。次は、カルピス」

 カルピスのCMを見た男性の多くは長澤まさみ(19)のセリフにドキッとしたはずだ。Fカップと噂される“隠れ巨乳”を解禁した直後の“おっぱい発言”。長澤の胸元を目で追ってしまった人もいるだろう。話題のCMは歩き始めた赤ちゃんを抱きながら長澤がいつか母親になる姿を思い浮かべるさわやかストーリー。「長澤の巨乳に“おっぱい発言”を引っ掛けた名作と評判を呼んでいる」(広告代理店幹部)とか。

 だが、とんだ問題が持ち上がったという。

「CMを見る限り、赤ちゃんにカルピスを飲ませるという印象が強い。ところが、一部の主婦や保育園や幼稚園関係者、歯科医から“幼児にカルピスを飲ませたら虫歯を誘発しやすくなるのでは……”という問い合わせが広告代理店やカルピス本社にいくつかあったそうです」(関係者)

 そこで、カルピスでは以前からHPに掲載していた「なんでもQ&A」などをより目立つようにし、「通常より薄めの、カルピス1に対し水9くらいの割合をおすすめします」と説明している。

「確かに“おっぱいの次にカルピス”という表現は誤解を生みやすい。飲ませてもいいけど、子育てを始めたばかりの若いお母さんが勘違いしないとも言い切れない。保育の常識ではおっぱいの次はあくまでも麦茶か白湯だから」(保育園関係者)

 ただ、子供が高熱を出した時などは水分補給としてカルピスを飲ませるのは有効だから長澤にとってはとばっちりだ。大胆なCMに出演した長澤の決断は評価していい。男性のファンをこれまで以上に獲得したことだけは間違いない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40947747
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。