篠原涼子

篠原涼子が激太り?初主演映画は不評

篠原涼子の代表作のひとつになったドラマ「アンフェア」(フジテレビ)の劇場版「アンフェア the movie」が今週末に公開される。
篠原は大酒飲みでガサツな“無駄に美人”の敏腕刑事を演じ、これが当たり役と評判になった。続編を望む声も多く、10月に続編とスペシャルドラマが放送された。このスペシャル版はあえて謎を残す終わり方にしていて、映画版ですべての謎が解き明かされるという仕掛けになっている。

「映画の出来がイマイチで……。脚本が稚拙で犯人がミエミエだし、緊張感も迫力もない。なにより、篠原の魅力が伝わってきません。実は彼女のスケジュールがぎっしりで、撮影時間があまり取れなかった。それで映画の完成度が低くなってしまったようです」(映画関係者)
 篠原は、好評のうちに終了した主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ)と映画の撮影を掛け持ちしていた。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。