木村拓哉

前向きに皆さんにとらえていただければ" 木村拓哉がドラマ高視聴率にコメント

木村拓哉主演で、18日に放送されたTBSドラマ「華麗なる一族」最終回の平均視聴率が30・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。全番組の中で数字。関西地区では39・3%を昨年大みそかに放送されたNHK紅白歌合戦・第2部の37・6%(同地区)を超えるなど、まさに“華麗なるフィナーレ”となった。
木村は「ご覧になってくださった皆さんに、感謝申し上げます。同時に、(主人公の)鉄平が最後に言いたかった“どんなことがあっても、明日の太陽を見てほしい”というメッセージを、前向きに皆さんにとらえていただければと思います」とコメントした。
瞬間最高視聴率はクライマックスを迎えた午後10時18分の35・5%(関東地区)。
03年に木村が主演した「GOOD LUCK!!」以来4年ぶり。
ドラマが30%を超えたのも同ドラマ以来。全10話の平均視聴率は24・4%(関東地区)となった。同ドラマは同局開局55周年企画として制作。
豪華キャストとといわれる制作費を徹底した宣伝活動を展開した。前日17日にはテレビ朝日「SmaSTATION!!」に木村が出演。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。